2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Heaven and Earth

Ancient Forest

Amazing Grace

Diamond Dust

Birth

2020年4月23日 (木)

コロナ禍の中で

コロナ禍の真っ只中、
少し嬉しいニュース。



外出自粛で在宅が増えるとゴミも増え、
それを回収する人たちのリスクも増大。



そのゴミ袋の一つに作業員への気遣いと労いの紙が貼られていたというもの。
それを見た作業員は、癒やされその紙を大切に懐へと…。
それはその人の宝物になったはず。



私も事務的な意味合いの強い仕事をしていた際、
返信の書類に同様の文章が添えられているのを受け取ったことがあった。
短いものが多いが、時に長いものも。



その中のある手紙はきちんとした長めの文章だった。
自らの状況や心情なども記されていた。
返信を書くべきか考えたが、結局書くことはなかった。
でも何年経っても、その機械的に終わらせない
温かい気遣いの気持ちを思い起こすと嬉しくなる。



人が人を思い気遣うこと、
人への嘆きのほうが圧倒的に多い日々の中、
人の世も捨てたものではないと感じる。





20200404_104633491

先日「潮風公園みなとオアシスゆう」を訪ねて。



2020年4月 7日 (火)

4匹の子猫

しばらく前、自宅裏で地域ネコのクロちゃんが
4匹の子猫を生みました。



困ったので、ネットに詳しい知人に頼んで
里親を募集したら、
なんと瞬く間に貰い手が見つかり、
安堵しました。



この写真の子は、
行き先に少し調整が必要になり、
一時的に戻ってきました。



でも親ネコの寂しい鳴き声を聞くのは辛いですね。
この子への愛情の注ぎ方を見いていても
やがて別れることを知っているので複雑な気持になります。



この子も、遊び相手だった兄弟たちが居なくなったので寂しいかな…。



山口と下松と呉に貰われて行った子猫たち~、

もう名前も付けてもらっているようだけど、
いっぱい愛されて、ずっと元気で~。





20200407

2020年3月 8日 (日)

地下世界

水道の検針員をして、3年目に入りました。
数日前は、新米さんと思われる郵便配達の人から家を尋ねられ、
ブログのハルさんを思い出しました。ハルさんはベテランみたいですが…。



検針は、しゃがんで量水器のフタを開けるという作業の繰り返し。
数秒で終わるのもあれば、数分かかる厄介なものもあります。
作業は軽作業の部類で楽に見えますが、実際は何時間も歩く
大変な仕事です。特に夏は。



時に生き物に出会います。
まだ寒いこの時期、まれに中がアリの帝国になっているのがあり、
驚いたのはこの時期でも数は少ないなりに地下世界は活動的なこと。
忙しそうに動いていました。
地下で寝てるわけじゃないんですね。
でも、外からの外気の流入で次第に姿を隠していきました。



もう一つ、見かけることが多いのはカエル。
数字を読む真上に臥していたので少しだけ横に移動してもらいました。
「まだ動きたくないっ」て聞こえた感じ…。
春をじっと待ってます。
静かにフタをして、隙間風対策に枯れ葉をパラパラと…。



そんなこんなで、エピソードはいろいろとありますので
また書いてみます。





5743-2002

2020年2月14日 (金)

春の気配

昨日は久しぶりの青空と日差しで、
歩くと暑いくらいでした。
まあ着込み過ぎなのが原因ですけど‥。




働き盛りの頃は座る仕事が多く、
どちらかと言えば運動不足でした。
お腹が出てきたのもこの頃‥。




初老の今頃になって、歩いたり
ときに登ったり、探して彷徨ったりで
体を使うことが増えました。
昨日も早足で4時間歩いたのですが、
高齢化の時代、ただ歩いて運動不足解消をしている人を見かけると、
お金を稼ぎながら体も鍛えられるのですから
疲れますが、良しとしましょう。




梅が見頃を迎えていました。
メジロもよく見かけますね‥。



2746-2002

 

 

8723-2002

 

 

2020年1月30日 (木)

オケラ

畑で水たまりにオケラを見かけました。
昔は田んぼでゲンゴロウやこのオケラ
正確にはケラだそうですが、よく見かけていたものです。
あの「手のひらを太陽に」に歌われているアレです。




このケラ、実に可愛くて
手の中にゆるく囲うと指の間を前足で掻き分けて
逃げようとするのを体感できます。
小さいのに力強いです。
何度もやってみたくなるのですが、
当人にとっては迷惑な話ですよね。
逃げたいのですから‥。




地中で生活するので
確かにこれくらいの力が必要です。
調べてみるとコオロギの仲間だとか。
ネットでの画像には確かに翅があって、少し似てます。
私が見かけたのにはまだ無く、小さいですし子どものようです。




20200127_155801380

 

2020年1月26日 (日)

復帰

ココログ卒業して
アメブロに行っていて、
10くらいの記事を書いたと思いますが、
またこちらに帰ってきました。復帰です。




アメブロの感想は、規模も巨大で色んな人がいて
とにかく使いやすい、記事も書きやすいですね。
笠井アナの応援もしていました。
でも何か虚しさを感じ帰ってくることにしました。
IPもずっとしていたので‥。




で、ここにあった感謝とお別れの挨拶の記事は削除しました。
引き続き、思い出すことがあればたまにお立ち寄りください。
よろしくお願いいたします。




早速、昨日の出来事なのですが
12月に買った中古の車にいたずら書きされました。
腹立たしさを覚えつつ、すぐに交番に出向いて被害届を出していると、
犯罪でお金を取られた人が訪ねたり(私より、ずっと深刻)
わたしの件では鑑識が来て調べたり
こんなに大勢の人が動くことに少し驚きました。




先日のドラマ「教場」を見ていたので
警察官に対する見方も
わたしの中で穏やかになれてた気がします。
色んな出来事や多様な人への対応、大変ですね。




写真は仕事中に見かけた見事な蝋梅です。
青空に補色の黄色で、実に鮮やかでした。



20200109_094248194

 

2019年10月14日 (月)

カナダ代表

最近、嬉しかった、ラグビー カナダ代表のこと。



大型台風19号の影響により、10月13日に岩手県釜石市で予定していた
ラグビーワールドカップ1次リーグのナミビア対カナダ戦が中止になりました。
すでに1次リーグ敗退が決まっていたカナダ代表は釜石市に残り、
土砂や泥を撤去するボランティアを行ったそうです。



この行動に、あるツイッターには、
「カナダ代表の誠意と思いやり溢れる行動に心から感謝します」
「どんな強いチームより尊敬に値する」
「涙出そうになるくらい感謝」  などなど。
驚きと感謝の言葉が全国から‥。



実は、カナダ代表の事前キャンプ地は
我が山口県の長門市だったんです。
なので、日本代表の次に気になるチームでした。



感動をありがとう。カナダ代表チーム。
勝負には負けたかも知れないけど、
人としては立派な勝利者ですよ。
胸を張って帰国して下さい。
そして目指していたベスト8に全勝で到達した日本代表。
試合後、自分たちの勝利より、今回の台風の被災者を気遣う気持ちに
心を打たれました。
さらなる感動を期待しています。



2019年9月25日 (水)

チー5歳

改めて、我が家のチー(正確にはチー坊)について。
名前はチチヤスのチー坊からいだきました。
現在5歳。茶トラの保護猫です。
人間でいうと36歳。働き盛りの年頃。
少しも働かないニートだけど‥。



性格について。
オスだけど優しい。
猫パンチなんか知らない。
不快な時は、叩くのではなく小さくイヤそうな鳴き声で知らせるだけ。



昨晩も、夜中に夜行性のために起こされて
迷惑したけど、本能に従って懸命に生きてる。



でも狩りはしない。その必要もない。
だから無駄動きだけど
丸めたチラシを投げて、しばしの全力疾走。
運動って大切。



最近、宮崎あおいの出ている映画のシーンで
彼女が泣きながら「生きてやるー」って何度も叫ぶところがあった。
とても印象的なシーンだった。
また、「生きなきゃ」って活字もどこかで見かけた。



チーは、そんなのとは関係なく
さりげなく‥、「生きてる」。
そんな彼とのひとつ屋根の下での生活は
これからも続いてゆく。
これからもよろしく‥。





2693-1909_20200407125101

2019年9月19日 (木)

人の中で‥。

人相手の仕事をしているとイロイロ。
モノ相手より厄介なのは確か。



ヨメは以前万引き犯と対峙したし
私は昔、理不尽極まりない客から逃げて
勤務時間なのに逃げ帰ったことさえ‥。
情けないけど‥。
特に客商売に関わったことのある人なら
大抵何らかの嫌な思い出はあるはず‥。
だから私としては人と関わらない仕事が好き。



ここ岩国という土地は米軍基地があるので
アメリカ人と会うこともしばしば。
今の仕事も人相手ではないですが、人と会うことはあります。
でも皆さん、不思議と感じが良いのです。



昨日の出来事。
今賃貸住宅の清掃の仕事も少ししているのですが
居住しているアメリカ人男性から、通りがかり
にこりとスマイルで挨拶。それも日本語。
ねぎらいの意味合いでです。
一緒にしているヨメにも
大きな声で「アリガトウゴザイマス」。



今の日本人男性でここまでできる人
どれだけいるかな‥。
中には驚くほど完璧な日本語を話せる方もいます。
礼儀の表現もきちんとあって、驚いちゃいます。



人と関わるのってキツイこと多いけど、
喜びもまた、人から‥なんですよね。




4583-1909_20200407125301
 昨晩から秋らしく涼しいです。


2019年9月15日 (日)

2019夏の記録

残暑が厳しい。
日差しもキツイ。でも朝晩は次第に秋。
秋の虫の音も心地よい。



私の今年の2019年夏の記録。
気の重くなる話題は横に置いておいて‥。



生きたナナフシを見たこと。
これが何故か地味に一番。
この歳になるまで死んだのしか出会えてなかったのです。
どうも多く発生した年らしい。
足先の色と、どっちが頭かわからない不思議さに感動。



大好きなゴーヤは珍しく不作。
手間を惜しんだのがいけなかった。
でも美味しいチャンプルーは出来ました。
そして、丁寧に植え付けたイチヂクの木。
夏空の元、枝葉が順調に伸びていて‥、早く自家製のが食べたい。



それと、まだまだあるけど
和木町の蜂ヶ峯総合公園でみかけた、写真のこれ。
モニュメントのようで
実用的な側面もあるもののようです。
でもキレイ。‥と思う私。




4587-1909_20200407125301

«ぽつんと。

無料ブログはココログ