2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Heaven and Earth

Ancient Forest

Amazing Grace

Diamond Dust

Birth

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月の4件の記事

2018年10月28日 (日)

ある事故

身近で実際にあったお話。



私の街のある谷あいの奥には数軒の家があって‥、
その奥の奥の家は交通にも不便で、買い物にも不便な場所。
良いのは静けさと、自然の豊かなことくらい。
でもある時、その近くにバイパスが出来ることになって
そのルートは、何とその家の少し後ろの山側。
そして、歳月が過ぎて大工事も終わり、バイパスの快適な道路が出来ました。
これまでのように不便な場所ではありません。
買い物に行くにも、病院に行くにもとても便利に‥。
何しろ、家の裏に快適な道路が出来たのですから。
本当はこれで良かった良かったで終わるはずの話なのですが‥。




数年後、その家のご主人は夜間に交通事故で亡くなられました。
場所は家のすぐ裏手のバイバスで、‥です。
その道路がもし無かったなら、その方は
快適でなくとも、もっと長生きできていたかも知れません。



私は時に思います。
便利さは幸福とイコールではないし、
快適さは必ずしも人を幸せにするわけではないと。



最近の報道でいじめの認知件数は32万件を超え、過去最多になったそうです。
これほど技術が進んでも、スマホなどのコミニュケーションツールも
充実してきた今でさえ、人と人との関係は成熟に向かうこともなく
依然として難しく、また使う人を人として成長させているわけでもありません。
先に挙げた事故と共に、いろいろと考えてしまうのです。







7035_1810

2018年10月14日 (日)

蜂雀

最近はホウジャクが、
庭の花から花へと忙しそうに飛んでいます。



あれだけ激しい翅の動きをして
ホバリングをしながら長い口吻で蜜を吸う姿に
しばし見惚れ、目で追ってしまいます。



ハチドリに似ていて、
蛾の仲間なのですが、
蛾のイメージを覆す昆虫です。



ネットで調べていたら「空中給油機のよう」という言葉も。
確かに‥。
超高速で動くあの翅を止めて撮るのは大変だと思います。
画像が気になる方はググって見てください。
たくさん見事な写真が鑑賞できます。



私は昔、茂った草むらの中をぶつかることなく飛ぶ
小さな蝶を見たことがあります。

あれ以来、一見不安定に見える蝶たちの
内に秘められた飛行技術の確かさを思い出します。



休むことなく的確に、
素早く次の花へと‥。
(詳しくは書けないのですが)今の私の仕事に少し似ています。
私にはあのホバリングほどのパワーはありませんけど‥。







写真は記事とは全く無関係の、黒い車の上でくつろぐ黒い猫。
ホウジャクを見る時は、大体農作業中なので‥。



0675_1810

2018年10月 6日 (土)

獺祭

日本酒の酒処といえば、
私がまず浮かぶのが、灘。
でも、代表的な銘柄って何だろう。



日本の三大酒処って、この兵庫の灘と
京都の伏見、そして広島の西条だそうです。



最後の広島西条は、同じ中国地方でもあり
昔から馴染みで、若い頃は西条の「賀茂泉」が好きでした。



安倍総理が昔来日したオバマさんと一緒に飲んだのは
西条の「賀茂鶴」。西条を代表するお酒の一つです。
(この記事では銘柄の中でのグレードの違いは話が長くなるので、
あえて取り上げないようにしますが、きっと最上位のものであったと思います)
私も賀茂鶴はバランスの取れた
誰からも愛されるであろう良いお酒だと思います。



最近では、私の地元岩国の「獺祭」が
有名になりましたが、先日友人から
「純米大吟醸 獺祭50」を頂きました。
私が普段スーパーで買うお酒よりはるかに高いお酒です。
まず自分から買う余裕はありません。



この獺祭の中でも、スタンダードな「50」。
なかなかイケます。
一瞬賀茂鶴を連想する飲みやすい美味しいお酒でした。
(個人的な感想です)



獺祭の蔵元旭酒造は、獺越という山あいにあるのですが、

昔、秋の紅葉の美しい頃に仕事で立ち寄ったことがあります。
今年の7月の豪雨では大変な被害も受けたようですが、
これからも美味しいお酒を造り続けてほしいものです。







4759_1810

2018年10月 1日 (月)

遭遇

夕刻、キセキレイの黄色を見上げ、
キレイ‥って思いながら、
危険を覚悟しつつヨメと近くの山へ栗拾いに行きました。



秋の味覚、たくさん拾えればいいなと‥、
でも現地は、イノシシの食べ残しを探している感じ。
でもまずまずの収穫でした。



時間も時間なので。次第に暗くなると
イノシシと鉢合わせになる予感で
じわじわと内心は静かな恐怖感‥。



その後、車に乗り込む前に
ブログ用の写真を撮っていたら‥、
隣りからヨメの悲鳴。山から降りてくるイノシシを
目撃したみたいです。



振り向くと確かに大人のイノシシ。
私も意識して大声を出しました。
向きを変えて森へ入っていってくれたので安堵したのですが、



イノシシの途方もない力や、牙の鋭さを
知っていますから、何事もなく安堵した夕べでした。
収穫は、栗ご飯にていただきます。








0673_1810






0674_1810

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

無料ブログはココログ