2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Heaven and Earth

Ancient Forest

Amazing Grace

Diamond Dust

Birth

スポーツ

2019年10月14日 (月)

カナダ代表

最近、嬉しかった、ラグビー カナダ代表のこと。



大型台風19号の影響により、10月13日に岩手県釜石市で予定していた
ラグビーワールドカップ1次リーグのナミビア対カナダ戦が中止になりました。
すでに1次リーグ敗退が決まっていたカナダ代表は釜石市に残り、
土砂や泥を撤去するボランティアを行ったそうです。



この行動に、あるツイッターには、
「カナダ代表の誠意と思いやり溢れる行動に心から感謝します」
「どんな強いチームより尊敬に値する」
「涙出そうになるくらい感謝」  などなど。
驚きと感謝の言葉が全国から‥。



実は、カナダ代表の事前キャンプ地は
我が山口県の長門市だったんです。
なので、日本代表の次に気になるチームでした。



感動をありがとう。カナダ代表チーム。
勝負には負けたかも知れないけど、
人としては立派な勝利者ですよ。
胸を張って帰国して下さい。
そして目指していたベスト8に全勝で到達した日本代表。
試合後、自分たちの勝利より、今回の台風の被災者を気遣う気持ちに
心を打たれました。
さらなる感動を期待しています。



2018年12月24日 (月)

ロストフの空

懸命に追い、失点後悔しがる昌子。
日本人らしい判断をした山口。
後少しで足が届いた長谷部。
全力で走った長友。




その時、すべての面で上回っていた冷静なベルギーの攻め。
ドーハの悲劇以来の衝撃と感じた。




今年のスポーツで最も印象に残ったシーンだった、ロストフの14秒。
ベスト8の壁の高さを改めて痛感させられた瞬間。




でもその後の、南野、堂安、中島の新・ビッグ3の台頭。
森保Jに期待と楽しみは持ち越された。




そして、広島カープの日本一への挑戦も持ち越された。
確かにソフトバンクは強かった。
丸が去った後の、4連覇に挑む来年の広島カープの戦いが期待される。




それにしても、丸は広島に居た方が良い野球人生を
送れたと思うけどな~。
黒田の男気を目の前で見ながらこの決断か‥、少し残念。






0001_1812

2016年10月31日 (月)

永久欠番

2016日本シリーズ、終わりました。




カープは少し残念な結末でしたが、
課題は専門の解説者に任せるとして、
精一杯頑張ったと思います。




日本シリーズの敗退は、
でも大きいなと感じます。

山の頂上手前で転がり落ちたような‥。
セ・リーグ制覇の感動が霞むような

そんな気さえしますから‥。




昨年2015年のセ・リーグ優勝はヤクルトでしたが、

今年はBクラス。
カープも来年この勢いが続くか分かりませんが、
でも再び、良い夢を見させて欲しいと思います。
楽しみは次回に持ち越しということで‥。




そして、第7戦での登板を見たかった

「男気」15番 黒田博樹。
お疲れ様でした。

 

 



 

肌寒くなってきました。
つい上に掛けたくなる寝姿。




7738_1610







2016年10月27日 (木)

第5戦

サヨナラ満塁ホームラン。
詰めかけた日ハムファンにとって、
今シーズン最後の本拠地での試合で、

期待を上回るドでかいプレゼントになったことと思います。





唖然としました。

私、広島を応援している側としては‥。
好投ジョンソンが無失点に抑えて、
最後は抑えの中崎での被弾ですから

辛くても受け入れるしかない結果。

惜しいチャンスを活かせなかったのも悔やまれます。




でもこれが野球の醍醐味。

王手を願いながら、逆に王手を掛けられた形ですが、
地元広島に戻って、最後のねばりと頑張りに期待したいです。







本日出掛けたあるイベントで見かけた花。
明るく元気の出る色合いです。





7709_1610_r

2016年10月23日 (日)

第1戦

日本シリーズ2016 第1戦。

5ー1で、地元で広島が嬉しい先勝。




球界を代表する日ハムの大谷が先発でしたので、

広島の強力打線がどこまで通用するのか、打ち崩せるのか
少し心配していたのですが、
そんな不安を払拭するような快心の初戦でした。




個人的には今年最も印象的だった新井は外れ、

替わりにアンパンマン松山でしたが、
速球に強い松山、みごと期待に応えました。





何と言っても重盗により、鈴木が本盗に成功。
技ありの先制点は、鈴木には足もあることを示しました。




初戦取れて少し安堵しました。
試合直前、選手たちはロッカールームで、「モチベーションビデオ」を

見たそうですが、そんな意気込みや気合って大事ですね。
この調子で、頂点までガンバレ!






カープが気になる?   運転手のチー坊。




7670_1610_r

2016年10月13日 (木)

二連勝

セリーグのファイナルステージ。

昨日に続いて
シーズンの勢いそのままに
ジョンソン、野村で二連勝。
一気に王手です。

ベイスターズは疲れかな。




これまでのCSと違う、安定感。

でもまだまだ日本一には一波乱も二波乱もありそう。

しばらくカープから、目が離せません。

 



スタンドに見かけた「ぶちかませ」の文字。

少々荒っぽいなと思ってたら
辞書にも載ってるらしく、
「相手に強い打撃を与える」という意味らしいです。

 



これからも、ぶちかまして!



 

個人的には、身内の看病で
気分は長~いトンネルの中ですが、

明るいニュースで元気貰いたいです。

2016年9月11日 (日)

カープ優勝

とうとうカープ2016セリーグ優勝。
待ちに待った時を昨日迎えました。
8月7日のターニングポイント以後、

まさに破竹の勢いと、2位巨人の失速で一気に上り詰めた形。

黒田と新井が抱き合い涙する場面では貰い泣きしました。




25年前のメンバーが今のカープの方が強いと語る戦力。
このまま日本一にまで行けるとイイな~。




毎年、出だしが良くても5月の鯉のぼりの季節までと言われてきたカープ。
近年は、目標はAクラス。クライマックスシリーズに進出できても
力尽きるのを見てきましたから、

今年はこの機会をぜひ生かしてほしいです。




そんなこんなで、今年のお楽しみは、まだしばらく続きます。






写真はヨメが大大好きなイチジク。

箱で買ってきたみたいです。
私も嫌いではないですが、その食べっぷりに
驚いている

私の気持ちが表れているようなJAのマーク。




6246_1609

2016年1月31日 (日)

スピードスター

悲劇から歓喜へ、そしてドラマには続きがあったんですね。
奇跡という続きが‥。




前半は見ていたのですが、睡魔に勝てず‥寝てしまいました。

ダメですね~。
早朝起きてすぐチェックしたのですが、驚きと悔しさ‥。
リアルタイムで見たかったです。
全体の試合の流れは韓国に分があったように見えましたし、
私のように感じて寝てしまった人も多いと思います。




でも途中出場の浅野はこれまでのゲームで、期待していたのに結果が

伴いませんでしたし、本人も苦笑いしていたように思います。
しかし、WBCでのイチローを思い起こさせるような
土壇場での大活躍。さすがサンフレッチェ広島のエースです。
スピードスターの本領発揮でしたね。








写真は蔵出しなのですが、冬のカラスウリです。







4456_1601_r

2016年1月28日 (木)

言葉の力

U-23サッカー日本代表やってくれましたね~。
リオ五輪出場を勝ち取りました。
準決勝イラク戦で決めてくれた久保と原川は、共に山口市出身。
中学も同じで同級生だったそうです。
お隣島根の錦織は全豪で惜しくも世界王者に負けましたけど、
山口からは卓球の石川選手だけじゃないよと、
男子も健闘しています。



私はこの試合、実は見忘れて寝てしまったのですが‥。
でも、その前の準々決勝イラン戦。
負けてもおかしくないような試合でしたけど、
私がもっとも印象的だったのは中島翔哉選手
延長後半での71秒の間に、何と二発の強烈なミドルシュート。
「ぶち込んだ」という表現が適切な、スーパーシュートでしたね。すごい。



ドーハを知らない世代が悲劇を歓喜に変えてくれた形で、

あの呆然とした記憶も忘れてしまえるかな‥。
でも手倉森監督の手腕。
特に、選手に力を与えた適切なアドバイスの数々。
改めて言葉の持つ力を教えてくれました。






写真は、今最も目にすることの多い「南天」。
赤が鮮やかです。





5822_1601_r

2015年7月 4日 (土)

OGに涙

最近のスポーツの話題から‥。


あるタイトルが心に残りました。

「なでしこの勝利に喜ぶも、バセットのOGに涙する日本サポーター」。



この試合を観戦した人たちの気持ちを代弁しているタイトルでしたね。

私も、うるっと来てしまいました。
私は1-1の所までしか見ていなかったのですが、
後で最初にあの映像を見た時、クリアーミスとすぐに分かりました。
何度、ワクを狙っても入らない試合もあるのに、
(特に男子サッカーの先日のシンガポール戦)
こんな形で入るなんて‥、スポーツは時に残酷です。


懸命に走り、戦ったバセット選手を、誰も責めたりしませんし、
この日の日本の勝利と共にあなたの涙も忘れない‥、そんな気持ちです。


そしてまれに見る混セになっているプロ野球も面白くなってきました。

広島も5位から一気に首位のチャンス?

 





写真は、二日前の紅く染まる瀬戸内の夕暮れ。

左上のはゴミではなく鳥です‥。






5361_1507

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ