2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Heaven and Earth

Ancient Forest

Amazing Grace

Diamond Dust

Birth

ニュース

2015年10月13日 (火)

金木犀

先週10月9日に東京新聞に掲載された記事は、「やはり」という思い。
福島の原発事故後、福島県が実施した検査を分析した岡山大チームは、
子どもたちから全国平均より20から50倍の高い頻度で
甲状腺がんが見つかっているという論文をまとめた。
これらは、「放射線被ばくの影響」と指摘。
しかし、県は「放射線との因果関係は考えにくい」としている。




今日13日のニュースでは、イタリア・ミラノ国際博覧会の「日本館」イベント広場で
11日、福島の復興状況や食の安全を伝えるイベントが始まったことを報じていた。
福島県の農林水産部の担当者は、食品の品質は完全に保証していると強調したという。




警鐘が発せられていた「事故後5年」が近づこうとしている。
被ばくの影響は今後さらに明白になっていくかもしれない。
オリンピックに注意が向けられがちだが、新国立競技場に巨費を投じる
余裕があるなら、福島の原発事故により今も進行している事態に
もっと注意とお金を向けて欲しいと思う。
これからも福島に住み続ける人たちと、福島だけでなく
地震や原発の脅威に怯えている日本中の人たちのために‥。







写真は、「金木犀」。
近くを通ると、芳香が慌ただしさをしばし忘れさせてくれる。






5579_1510_r

2015年9月20日 (日)

現状変更

先週は日本中が安全保障関連法案の強行採決に至る話題一色でしたが、



そういえば、政府は中国による南沙諸島埋め立てのことを、

「力による現状変更に反対する」と抗議しておきながら、
国内では、国民の声に耳を傾けず、権力という「力による(強引であからさまな)現状変更」を世界注視の中で行なったわけで、あるコーヒーのCMをまた思い出してしまいました。



「このろくでもない、○○○○○世界」




丸の中はある政治家の言葉を借りて「五流政治の」としておきましょう。

注目していた世界に向けて、日本人の平和への強い願いや独自姿勢を
アピールする絶好の機会を逃してしまったのかな‥。
ただ理不尽さと危機感だけを増大させたかったみたい。





庭で見かけたこの虫、まだ成長途中ですが、

安倍さんの好きな抑止力発揮してます。
絶対触りたくないですが、そういえば、「触」という字の
厚切りジェイソンのお笑いは笑えました。
角のある虫はカブトムシ以外確かに嫌ですね。




でも、配色はとてもきれいです。








1613_1509_r

2015年9月11日 (金)

水没

東日本豪雨で、堤防決壊による甚大な被害が出ていますね。
ヨメの方の埼玉の親戚も床下浸水したそうです。
昨年広島市で起こったような豪雨がより広範囲で起きたようですね。
被災した皆様、心からお見舞い申し上げます。



ちなみにあまり関係ないのですが、私のカメラも水没しました。
使いにくいながら、まずまず満足していたのに、
沈んだ瞬間に、「終わった」と思いました。
カメラが無いとこのブログも終わってしまう。
どうなるんだろう。すぐ買い換える余裕も無いし‥。



最近の一番驚いたニュースから。
日本の技術者が警告! 中国の「原発」は必ず大事故を起こす 設備も作業員も超いい加減だった」という、現代ビジネスの記事。
「第二のフクシマ、日本滅亡」という広瀬隆さんの本のタイトルが脳裏をよぎりました。
本当にこんなことが進行しているのなら、日本の原発再稼働の騒動など小さく思えてきます。
私のカメラやブログのことなどさらに小さい。
風上の「対岸の火事」は、海と空から日本に襲い掛かることになるのでしょうか。



写真は、水没前の一枚。
ただ発電のためのものが、掛け替えのない自然を壊してほしくないです。







2476_1509_r

2015年8月26日 (水)

平和学の父

昨日、「積極的平和」の提唱者で平和学の第一人者、
ヨハン・ガルトゥング博士のことを報道ステーションで知った。
今年で85歳になられる。
「積極的平和」の言葉の誤用についても今更ながら知った。
平和貢献や、抑止力というキーワードが飛び交う今の国会で、
日本だけでなく、世界を見据えたこの人の姿勢に、改めて、
これこそ真の「積極的」の意味を感じた。



饒舌な首相の掲げる「平和」が、

憲法解釈も曖昧なまま強行突破しようとしている姿と共に、
むしろ「消極的平和主義」と言い換えた方が適切ではないかと思えるほど‥。
軍備がさらに活用される道を開くならば、平和という表現さえ適切かも疑問。



今日は、
安全保障関連法案に反対する大学有志のグループが、全国の

100を超える大学に広がっていて、各グループの代表らが東京都内で会見し、

法案の成立は戦後最大の危機だとして廃案にするよう訴えた。
また、法曹界からもたくさんの同様の声が上がっている。



実は国民の一部しか支持していないのに、あたかも大勢の意見として可決してしまう
権力の怖さ。そして、それを許してしまう仕組みの危うさを感じざるを得ない。







写真は、ヤリゲイトウを真上から。
先客が二匹。






5431_1508





私個人の意見はここでは記しませんが、私は私なりに独自の立場で平和についてはいつも考えています。
ただ、同時代を生きている者として、今進行していることに嘆きや危機感を感じます。

2015年8月19日 (水)

広島土砂災害から1年

昨年の8月20日、広島の土砂災害が起きた。
関連死を含めて75名という大勢の方が亡くなられた。



狭い国土、家が山に寄り添うように建っているのが
何処にでもある日本の風景。

あれだけ雨が降れば、何処でだって同じことが起きる。
他人事ではない。



もう一年かとテレビを見ていたら、

福島県のひまわりの種を復興のシンボルとして
咲かせようというボランティアが、
広島の被災地でもたくさん花を咲かせているという映像を見た。
暑い中、地元の方の交代での水やりのお世話などもあり、
今、何百という大輪の花が咲き誇っている。



ひまわりは酷暑の中でも、すくっと立って美しい。

その逞しさに、見る人は元気をもらえる。



私が世話をする畑のすみにも、背は低いけれども、

大輪が3つ。
昨日久しぶりに見た二重の虹と、ひまわり。
フィボナッチだけ切り取ってみました。







1568_1508







5438_1508

2015年7月18日 (土)

バタン

16日の安保法案の衆議院での強行採決と通過を受けて、
17日の新聞の4コマ漫画はこんな具合。



「○○に決定す。以上。」

昔の代官が、決ったことを一方的に民の前に述べて、

後は重い扉をバタン。
「お代官様~、あたしらの声も聞いてくだせえまし~」
実は、今も昔もそんなに変わらないということ?



権力のある者の暴走を律する法律が憲法のはず。

しかし、ぎりぎりの境界まで行き、

民衆が何か言って面倒に感じたら、
さっさと扉を閉じてしまう。




先の大戦の惨禍への痛切な反省があれば、

可能な限りその方向を避けるはずであり、
近づかないはずであり、より耳を傾け慎重であるべきなのに‥。



世界の現実を見て対応すればするほど

失うものも、また多い。
世界に唯一の被爆国としての、独自の平和の求め方があるはず。
そして、それこそが世界が求めていることかも知れない。
これでは、他と異なって苛められることを恐れている
子供と違わないようにも感じた。






5393_1507

2014年12月25日 (木)

移送作業完了

いつも頭の片隅にある福島第一原発のその後。



最近の気になるニュースとしては、

4号機の使用済み核燃料プールからの取り出し作業。
それが、先日22日に移送が完了したとのこと。
世論の注目度が低い気がしたが、40年と言われる長い廃炉作業の中では
重要な一つの段階を過ぎたのだと思う。




ここが倒壊したら日本が終焉を迎えるだけでなく、

地球規模の未曾有の大災害が起きると言われていただけに少し安堵した。
でも、途方も無いように思える前途の困難な作業を思うと
事故現場は、そんな安堵する暇なの無いのだろうが‥。



また、昨日聞いた新たなニュースとしては、

福島県の子供を対象に原発事故による放射線の影響を調べる甲状腺検査で、

事故直後の1巡目の検査では「異常なし」とされた子供4人が、

4月から始まった2巡目の検査で甲状腺がんの疑いと診断されたという報道。




1986年のチェルノブイリ原発事故では4~5年後に子どもの甲状腺がんが急増した
ことを考えると、広瀬隆氏が強く警告していた健康被害がいよいよ明らかになりつつあるのだろうか。



原発の再稼働に向けての話題ばかり多い気がするが、

今の日本が抱えている原発事故の残した厳しい現実の方に、
もっと目を向けるべきではないかと感じる。
それが地元福島の心情ではないだろうか。







4341_1412_2

2014年12月17日 (水)

ミライ

今週月曜日、「エコカーの本命」とされるFCV(燃料電池自動車)の、トヨタ「MIRAI(ミライ)」が発売されました。開発開始が1992年と言いますから、22年の研究が実を結んだ形。トヨタに続いてホンダも後を追うそうです。



個人的には、ホンダのデザインの方が、より「未来」を感じましたけど‥。補助金が出るにしても庶民に普及するには、価格だけでなくまだいろいろと克服すべき課題があるようですね。



それにしても痛ましい事件の報道がパキスタンから‥。
イスラム武装勢力に学校が襲撃されて、現時点で141人が死亡、120人余りの負傷者が出ているようです。
抵抗する気持ちも無い弱者に対し、無差別に乱射できる人間が同時代の世界にはいることを思い知らされる悲惨な事件です。憎しみを増大させながら報復の連鎖はいつまで続くのでしょうか。



技術や物は着実に未来を形作りつつあるのに、人間そのものは実に進歩の遅い、良い人となるために、より多くの手間と時間のかかる生き物だと痛感させられます。

 



数年に一度という爆弾低気圧のせいで、今日の朝は山陽も吹雪
でした。
今日の予想最高気温は私の地方では
1℃。
厳寒の1日です。







4394_1412

2014年8月20日 (水)

土砂崩れ

既に報道されている通り、今日未明からの豪雨で、
広島市安佐南区や安佐北区では大規模な土砂崩れが発生しました。
被災され亡くなられた方や生き埋めになった方が多数出ています。

押しつぶされた車、流れてきた巨大な岩、道を塞ぐ土砂。
すさまじい爪痕ですが、まだ全貌が明らかになるのはこれからです。

救助の際の二次災害も発生しており、これから雨が降ると
さらに被害が出る恐れもあります。



私の普段撮影している自然も、瀬戸内海を見下ろすような山沿いの傾斜地。

降り方によっては、どこで災害が起きても不思議ではありません。
私も先日の豪雨で大変な目に遭いましたが、これ以上の被害が出ないことを

祈りたいです。

写真は、今日見かけた「ナンキンハゼ」の緑色の実です。





0969_1408_2

無料ブログはココログ