2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Heaven and Earth

Ancient Forest

Amazing Grace

Diamond Dust

Birth

日記・コラム

2019年9月19日 (木)

人の中で‥。

人相手の仕事をしているとイロイロ。
モノ相手より厄介なのは確か。



ヨメは以前万引き犯と対峙したし
私は昔、理不尽極まりない客から逃げて
勤務時間なのに逃げ帰ったことさえ‥。
情けないけど‥。
特に客商売に関わったことのある人なら
大抵何らかの嫌な思い出はあるはず‥。
だから私としては人と関わらない仕事が好き。



ここ岩国という土地は米軍基地があるので
アメリカ人と会うこともしばしば。
今の仕事も人相手ではないですが、人と会うことはあります。
でも皆さん、不思議と感じが良いのです。



昨日の出来事。
今賃貸住宅の清掃の仕事も少ししているのですが
居住しているアメリカ人男性から、通りがかり
にこりとスマイルで挨拶。それも日本語。
ねぎらいの意味合いでです。
一緒にしているヨメにも
大きな声で「アリガトウゴザイマス」。



今の日本人男性でここまでできる人
どれだけいるかな‥。
中には驚くほど完璧な日本語を話せる方もいます。
礼儀の表現もきちんとあって、驚いちゃいます。



人と関わるのってキツイこと多いけど、
喜びもまた、人から‥なんですよね。





 昨晩から秋らしく涼しいです。


2019年9月15日 (日)

2019夏の記録

残暑が厳しい。
日差しもキツイ。でも朝晩は次第に秋。
秋の虫の音も心地よい。



私の今年の2019年夏の記録。
気の重くなる話題は横に置いておいて‥。



生きたナナフシを見たこと。
これが何故か地味に一番。
この歳になるまで死んだのしか出会えてなかったのです。
どうも多く発生した年らしい。
足先の色と、どっちが頭かわからない不思議さに感動。



大好きなゴーヤは珍しく不作。
手間を惜しんだのがいけなかった。
でも美味しいチャンプルーは出来ました。
そして、丁寧に植え付けたイチヂクの木。
夏空の元、枝葉が順調に伸びていて‥、早く自家製のが食べたい。



それと、まだまだあるけど
和木町の蜂ヶ峯総合公園でみかけた、写真のこれ。
モニュメントのようで
実用的な側面もあるもののようです。
でもキレイ。‥と思う私。





2019年6月30日 (日)

ぽつんと。

最近とにかく慌ただしい。静かな日常が欲しい。
並べてみると‥、



母の脳梗塞の麻痺と、心痛。
義母の喘息と入院。
妻の新しい仕事と応援。
ほか、もろもろ‥。



自らの草刈りや仕事の過労で腰の痛みも‥。
でも歳だから仕方ない面もあるし‥。



で、さらに特殊なポランティアもしてますけど、
そこのところは辛い面があっても
自らの修練なので得るところも多いです。



最近、人気の「ぽつんと、一軒家」って番組ありますけど、
そんな山の中に住みたい、または管理して維持しなくてはならない
人生ドラマいろいろ考えさせられて楽しく観ています。



ちなみに私の生家も高津川という大きな川の源流域にある田舎の小さな部落でして、
比較的最近、と言っても数年前ですが私の裏山の反対側にへばりつくように
住んでいる小さな山中の部落の存在を知りました。
なんと昔は山を越えて、私の部落に嫁入りした人も居たのだとか‥。



知られざる人のドラマ、まだまだありそうです。









写真は量産体勢には入った、畑のピーマンです。
並べてみました。


2253-1906

2019年5月15日 (水)

クマ出没

スマホの市民ニュースアプリに、
数日前からクマ出没の情報。




連日のニュースの出没場所は
日に日に家に近づいてる印象。




うーん。
まさにあの「海辺のカフカ」のようなドキドキ感。
イノシシも怖いけど
クマはもっと怖い。




昨日の作業のモロヘイヤを植え終わると、
暗くなる前に家に退避。
命にかかわるので‥。




そして今日。
情報によると、クマは少し遠のいたあたりに
移動したみたい。でも毎日目撃されているみたいです。
それでも逆方向に子グマの情報も‥。
えー、複数おるんかい。




身の危険を感じる日々。
早く過ぎ去ってほしいです。




毎回画像の挿入に悩まされていて
今回は諦めました。
元々、フォトブログなんですけどね‥。

2019年4月30日 (火)

平成から令和へ

小さな公園で‥、
見上げて、藤の花。




今が盛りの
木陰の著莪の花。
こちらは見下ろして‥。




家族に今、重病人がいて
心は曇天で
実際の天気も同じ空。




どこを見ても
「平成から令和へ」という
元号を巡る話題。
そして本当に今日で平成も終わり。
いろいろあった30年。




私も、そして
誰もが、明るい快晴のような
澄んだ爽やかな未来を願ってる。

 




1343-1904

 





1631-1904




2019年3月16日 (土)

第二の‥。

心地よいウグイスの鳴き声を聞きつつ
今日山陰に行ってみたら、山に雪があって
まだ雪って降るんだ~って驚き、
山陰と山陽の違いを痛感した。




ネクタイを締めることもあって
冬になると何年も黒いコートを着てきた。
それなりに満足はしていた。
でも最近、人が黒を着ているのを見て
暗すぎると痛感。
何かの儀式の際は良い。すんなり溶け込める。
しかし、日常着るにはマズイかなっと‥。




近くの紳士服の店に行っても
ダークな色ばかり。
ベージュが欲しかったのに‥。
そこでネットで探してみた。




すると、明るめのグレーのコートを発見。
値段も安い。それもそのはず古着。
3000円程度で入手した。一部カシミヤのせいか
まずまずの良い雰囲気で温かい。
それなりの高級感も感じさせる。




服って、サイズのこともあり
買って失敗したことも過去にあるけど
今回はいい買い物をした。

この時期にコートの話題も変だが
次の冬にはさらに活躍してくれそう。




ちなみにこのコートは
業者の地元のものだとすれば、
東北、岩手の誰かを温めていたのかも‥。
第二のドラマはここ山陽で‥。






巨木の桜のまだ小さな蕾の下には、黄色が鮮やかに‥‥、錦川の土手にて。

7856_1903


2019年1月11日 (金)

山茶花

仕事始めの今週、早速ハプニング続き。



まずは良い方から‥、
仕事で家々を訪問しているのですが、ヤギを三頭飼っている家があります。
そのヤギの内の一頭が私にそろり近づいてきて、ジー。
ヤギの目って昼間の瞳孔は、貯金箱のお金を入れる投入口みたいで
横長の棒みたいなんですね。見られている方は不思議で奇妙な感じ‥。
これは「横長型」と言って、ウマヤギなど、草食動物に多く見られるそうです

視野が広く取れることによって、天敵の発見に有利なのだそうです。
ネコの縦長は見慣れているけど、意外な発見。
(ヤギを見慣れている人には、何てことない風景なんでしょうけど)
撫でたかったですが、ひと声かけて‥、しばし癒やされました。



続いて良くない方。

さらに動物絡みですが、一日のうちに違う犬に足と手を噛まれました。
一匹は、今日は静かでいないなー、出てこないでーって門扉を入ったら‥
これが間違いだった。

狙いすましたように突進してきて、まず足をガブリ。
二匹目も後を追ってきたのですが、こちらは大丈夫でした。
すぐに門の外に退避。噛まれた感触で痛かったですが、大事には至ってないな
という感じの噛み方。



その後、もう一軒。今度は家の人が出てきたと同時に脱走を図ったみたいに

見えたので、すかさず手でそれを止めようとしたのがいけなかった。
左の手にガブリ。手袋をしていたのでゴムがある程度防いでくれましたが
それでも牙の力が強くて傷になり出血。もし手袋なかったら今頃
仕事もできず、日常の生活にも不自由していたと思います。
初対面の私に容赦ない敵対心、闘争心‥やりすぎ。



その日の午後には、正月気分が抜けていないのか

横道から飛び出す車がいて急ブレーキ。荷物は前に吹っ飛ぶしで、
あわや衝突。 どうにか回避できましたが、なんて日なのでしょう。



まあいろいろあるのが仕事。今年も頑張りますか‥。







山茶花。 この花を見ると童謡「たきび」を思い出します。


0001_1812

2018年10月28日 (日)

ある事故

身近で実際にあったお話。



私の街のある谷あいの奥には数軒の家があって‥、
その奥の奥の家は交通にも不便で、買い物にも不便な場所。
良いのは静けさと、自然の豊かなことくらい。
でもある時、その近くにバイパスが出来ることになって
そのルートは、何とその家の少し後ろの山側。
そして、歳月が過ぎて大工事も終わり、バイパスの快適な道路が出来ました。
これまでのように不便な場所ではありません。
買い物に行くにも、病院に行くにもとても便利に‥。
何しろ、家の裏に快適な道路が出来たのですから。
本当はこれで良かった良かったで終わるはずの話なのですが‥。




数年後、その家のご主人は夜間に交通事故で亡くなられました。
場所は家のすぐ裏手のバイバスで、‥です。
その道路がもし無かったなら、その方は
快適でなくとも、もっと長生きできていたかも知れません。



私は時に思います。
便利さは幸福とイコールではないし、
快適さは必ずしも人を幸せにするわけではないと。



最近の報道でいじめの認知件数は32万件を超え、過去最多になったそうです。
これほど技術が進んでも、スマホなどのコミニュケーションツールも
充実してきた今でさえ、人と人との関係は成熟に向かうこともなく
依然として難しく、また使う人を人として成長させているわけでもありません。
先に挙げた事故と共に、いろいろと考えてしまうのです。







7035_1810

2018年10月 1日 (月)

遭遇

夕刻、キセキレイの黄色を見上げ、
キレイ‥って思いながら、
危険を覚悟しつつヨメと近くの山へ栗拾いに行きました。



秋の味覚、たくさん拾えればいいなと‥、
でも現地は、イノシシの食べ残しを探している感じ。
でもまずまずの収穫でした。



時間も時間なので。次第に暗くなると
イノシシと鉢合わせになる予感で
じわじわと内心は静かな恐怖感‥。



その後、車に乗り込む前に
ブログ用の写真を撮っていたら‥、
隣りからヨメの悲鳴。山から降りてくるイノシシを
目撃したみたいです。



振り向くと確かに大人のイノシシ。
私も意識して大声を出しました。
向きを変えて森へ入っていってくれたので安堵したのですが、



イノシシの途方もない力や、牙の鋭さを
知っていますから、何事もなく安堵した夕べでした。
収穫は、栗ご飯にていただきます。








0673_1810






0674_1810

2018年9月15日 (土)

なまえ

テレビで名前を取り上げた番組を見たというのもあるが、
しばし、名前について考えた。




仕事柄、初めて接触する相手に
書面を送付することがある。
その時特に意識するのが先方の名前の書き間違いが
無いかどうか‥。
絶対に間違いがあってはならないし、
注意しているので、これまで間違いをした記憶はない。




しかし、最近私宛の封書が
二通続けて一文字間違っていた。
気分は?  もちろん、少し不愉快‥。
その後、片方の間違いの方には
先方からの電話で話す機会があり、
契約関係の書類でもあり、流れでその件に触れた。
訂正印で訂正をしておいたと‥。
別にクレームでも何でも無いのだが、
とても恐縮していたのがありありと伝わってきた。




そして、最近来たハガキは同窓会の誘い。
教室で机を並べていた時期の字ではない。
書き慣れた大人の字である。
送り主の数十年の人生と歳月を思った。
そして肝心の宛先の名前はというと‥、正しかった。
ホッ。




文面よりも内容よりも大切とは言わない。しかし、
同等の慎重さが必要なのが名前だろう。







見上げれば、ボケの実。 これから黄色く色づく‥。



0659_1809_r

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ